脱炭素先行地域 選定証授与式

2022/12/20

カテゴリー:活動報告

Pocket

12月20日午後、有楽町よみうりホールで開催されました「脱炭素先行地域」の選定証授与式に出席しました。
 本市と東京電力パワーグリッド株式会社小田原支社は、環境省が全国の自治体を対象に募集した、脱炭素の早期実現を目指すモデル地域である「脱炭素先行地域」に共同提案。その結果、新たに本市を含む20地域が11月1日に選定され、この度、西村明宏環境大臣から選定証が授与されました。
 この「脱炭素先行地域」の選定は、現時点において、県内では横浜市、川崎市に次ぐもので、既に獲得している脱炭素化における「重点対策加速化事業」に係る交付金との両方の獲得は、全国でも札幌市、京都市、そして小田原市の3市のみです。
 本市では、2050年のカーボンニュートラル(二酸化炭素の実質排出ゼロ)の実現を掲げ、これまでに数々のモデル事業を全国に先駆けて実施してきました。この10月には、2030年のカーボンハーフを掲げた、新たな気候変動対策の計画を定め、一層の推進を図っています。 こうした脱炭素社会へのチャレンジは、より効率的で、より持続可能な社会を実現するための大きなチャンス、言わば地域の成長戦略です。今後5年間で国の交付金を活用しながら、「世界が憧れるまち”小田原”」の実現に向け、さらにアクセルを踏んでいきたいと考えています。




Pagetop