人権を考える講演会

2022/11/09

カテゴリー:活動報告

Pocket

三の丸ホールにおいて、本市主催の「人権を考える講演会」を開催しました。
 12月4日~10日は、全国的に人権啓発活動を行う「人権週間」。これに先立ち開催した講演会に講師としてお招きしたのは、脳性まひのハンディキャップがありながらも、若きポップヴァイオリニストとしてご活躍されている、本市在住の式町水晶(しきまち・みずき)さんと、お母様の式町啓子(けいこ)さん。
 水晶さんのコンサートには何度か足を運んでいますが、この日は、水晶さんと啓子さんのお二人から、水晶さんにまつわる苦労話や体験談など、これまでの足取りを振り返るかたちで笑いあり涙ありのトークライブ。今でこそ明るい性格で誰からも好かれている水晶さんですが、ここまでの道のりは精神的にも肉体的にも大変厳しく、苦しかったとのこと。それを二人で乗り越えてきたからこそ、固い絆と信頼で結ばれ、現在の活動があるのだと思います。
 今後さらにヴァイオリンを通して、水晶さんだからこそ伝えることができる「夢・希望・勇気」、そして「優しさ」を多くの方に届けてほしいと思います。


Pagetop