フラワークラブ 視察

2023/01/25

カテゴリー:活動報告

Pocket

高齢者の自主グループ「フラワークラブ」の活動を視察しました。
 「地域包括支援センターはくさん」が支援する当クラブは、月に1回、おだわら総合医療福祉会館を会場に15名ほどの地域の高齢者が集まり、体操や運動、ゲーム、脳トレなどを実施。コロナ禍で一人暮らしの高齢者の外出機会の減少が懸念される中、高齢者同士の貴重な交流の場となっています。
 お伺いした日はスタッフを含め約20名の方々が参加し、笑いヨガを実施。参加者の方々の笑顔がとても印象的でした。そして当クラブのいいところは、活動の最後に行う「おしゃべり会」。こうした活動によって、一人暮らしで人と話す機会がないので毎月のここが楽しみ、といった声や、いろいろな人に会えてうれしい、と言った声があるとのこと。高齢者がいきいきと地域や社会で暮らしていくために、このような居場所づくりや、交流・活動の機会をもっと増やしていかなければならないと感じました。


Pagetop