はしご乗り 練習 見学

2022/12/01

カテゴリー:活動報告

Pocket

酒匂川防災ステーションでの小田原鳶職組合による「はしご乗り」の練習にお伺いしました。
 毎年1月11日の消防出初式で披露される若手鳶職人による「はしご乗り」は、一斉放水などと並んで恒例イベントの一つ。すでに本番に向けて練習が始まっており、夜7時からの練習には、一日の仕事を終えた鳶職人の方々が次々と参集。多くの職人が見守る中、女性と男性のお二人の「乗り子」の練習が始まりました。
 冷たい冬空の下、高さ約1.5mと3mの練習用のはしごにお二人が乗ると、軽い身のこなしで様々な型を披露。最近では乗り子の担い手不足から一般からも募集しているとのこと。本番は、ぜひ小・中学生に演技を見ていただき、将来の乗り子が出てきてほしいと仰っていました。昨年のはしご乗りは残念ながら雨で中止でした。来年1月11日は水曜日ですが、小田原城を背景にしたはしご乗りを多くの方にご覧いただきたいと思います。


Pagetop