サドルバック牧場

2022/11/13

カテゴリー:活動報告

Pocket

根府川の「サドルバック牧場」における、ウクライナ避難民の方々の自然体験活動にお伺いさせていただきました。全心連(一般社団法人全国心理業連合会)が運営する「ウクライナ心のケアセンターひまわり」では、ウクライナ避難民の方々の心のサポートをされています。そのような中、戦争体験によるストレスや母国を離れた不安を少しでも和らげようと、自然の中でゆったりしたり、動物と触れ合ったり、バーベキューをしたり、心のケアキャンプのようなものをできないか思案している中、サドルバック牧場さんが全面的にバックアップ。そのような体験事業をすべてご厚意により受けてくださることになりました。
 この日は、8月から始まり5回目の受け入れ。サドルバック牧場の高橋社長さんから激励をしてほしいとお声掛けをいただきましたので、ぜひとご挨拶させていただきました。
 その中で、私は約30年前、ウクライナの首都キーウを訪問したことがあること、美しいまちだったキーウの惨状に心を痛めていること、ウクライナと同様豊かな自然があふれる小田原を楽しんでいってほしいこと、などをお話させていただきました。最後にウクライナの皆さんから「戦争が終わったら、今後はぜひウクライナへ!」とうれしい言葉をいただきました。
 サドルバック牧場の皆さんのご支援をはじめ、こうした活動に関わるすべての方々に敬意と感謝を申し上げるとともに、行政としてもウクライナの方々に寄り添ったサポートをしなければならないと改めて感じた訪問となりました。


Pagetop