全国漁港漁場大会(函館市視察②)

2022/10/19

カテゴリー:活動報告

Pocket

10月19日は、全国から1,000人を超える漁業関係者が、函館市の函館アリーナに集い、盛大に「全国漁港漁場大会」が開催されました。
 新型コロナウイルス感染症の影響により、3年越しの開催となった今大会は、入場時の自動検温システムによるチェックをはじめ、手指消毒の徹底、席を一つ飛ばしに着座させるなど、新型コロナウイルス対策が十分に施され、実施されました。
 事例発表では、津軽海峡マグロ女子会が「海をつなぐ女たちの風おこし」と題し、2014年の北海道新幹線開業をきっかけに取組を始め、2016年から「マグ女のセイカン博覧会」を実施していることの報告がありました。 青森県と北海道の女性たちが、自分たちの地域をこのまま放置していれば、子ども達に引き継げないとの危機感から、津軽海峡を挟んでつながり、活動を継続しているとのことでした。このマグロ女子会の活動が、全国に広がり始めているとのことで、私が目指している女性活躍にも通ずるものであり、小田原にも波及することを期待いたします。
 新型コロナウイルス感染症の影響により、こういった全国大会が2年間ほぼ自粛されてきましたが、今回参加したことで、同じ課題を抱える人々が顔と顔を合わせて意見を交換することの大切さを再認識する良い機会となり、非常に有意義な2日間となりました。

Pagetop